No day but today

ミュージカル関連をディープかつマニアックに語りたいがために作ったブログです。普段はTwitterに生息→@musicalamnos

ノートルダムの鐘 アンサンブル

劇団四季 ノートルダムの鐘

私はいつもアンサンブルが全然判別できないんですが、、

ノートルダムはだいぶ分かりやすい!

 

印象に残りやすかった役や歌詞、セリフなど。。

アンサンブルまとめです。

特に目立つ役は青字にしてみました。

9月2日現在

 

*「」…セリフ

* ♪…歌詞

*『曲名』

 

↓関連記事

ノートルダムの鐘を語ってみるvol.1最高の演出 - マニアックに語る場所

ノートルダムの鐘を語ってみるvol.2 海宝カジモド備忘録 - マニアックに語る場所

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

 

男性アンサンブル 

1枠 鈴本務さん、野村数幾さん、寺元健一郎さん

 

アンサンブルの中で1番目立つ存在といっても過言はないと思います。

フレデリックとして数シーンに渡って出演&ソロも多く心の移り変わりをはっきり出さなくてはいけない、歌・芝居ともに高い実力を求められる枠。

フィーバスとどんな関係性を築いているかにも注目です。

ノートルダムの鐘』

♪街は目覚め(みんな今日も)働くよノートルダム

♪ある日孤児の兄弟2人引き取られた(5枠とユニゾン

→下手でフロローのマントを受け取る

(フロローは位を上げていく)で5枠とフロローに衣装を着せる

ジェアン死のシーン、舞台寄りで手すりにもたれる。

『陽ざしの中へ』

「王様や聖人」

カジモドのベンチを傾ける1人

『トプシーターヴィー』

♪仕事休んで(5枠とユニゾン)→下手後ろからマントを脱ぎ捨て前方へ

副官フレデリック

ジプシー3枠を捕らえる。体を調べて「何もありません!」

クロパン、エスメラルダが消えた後「奴がいる!」

『God Help』

上手階段途中。その後フレデリックになってフィーバスに付き添う。

『世界の頂上で』

上手バルコニーで♪信じれば危険だよ

『酒場の歌』

酒場でフィーバスと同行。

「友人のフレデリックも同じだ。(フィーバス)」の台詞で名前とフィーバスとの関係が分かる。

エスメラルダ』

ルイ11世の右側に控え、そのままエスメラルダ探しに参加。

「中には誰もいません。」

「副官、君が指揮を取れ。(フロロー)」を受け、「聞こえただろう!」と命令。

エスメラルダに剣を奪われる。

『奇跡御殿』

カジモドのダミー役。

ノートルダムの鐘rep.』

♪パリでは見せしめの処刑がよく行われた

『Someday』

「はい、閣下!」×3(牢屋にて)

「金ならいりません隊長!…夜明けにまた来ます。」

『フィナーレ』

「聖域は法律で守られています!」

「見ろあそこだ!あんなところにいる!」

 

鈴本さんー細め。薄めの顔。

後輩体質っぽい。あまり強くはなさそうだが仕事熱心で命令に忠実。高音が伸びやか。

野村さんー兵隊として有能そう。たぶん強い。フィーバスと仲が良い。

フィーバスの反逆後の戸惑いが大きく、牢屋のシーンも熱い。襲撃の際には十字を切る。

寺元さんー丸顔。良い声。

フィーバスの反逆にとても動揺する。2幕頭の嘘も言わされてる感溢れる。

2枠 安部三博さん、山田充人さん、日浦眞矩さん、奥田直樹さん

 

今までのキャスティングはいかにも歌枠!って感じの体格の方が多い2枠。笑

でもその割には歌より台詞の印象が強いです。

クワイヤから(物理的に2階から)降りてきた方が多いのも特徴的。

『トプシーターヴィー』

初めにカジモドにトマト投げる人。

「あんなんで醜いってのか?」

「何やってんだよ!せっかく楽しんでたのによ!」

『世界の頂上で』

♪ここまで

エスメラルダ』

ルイ11世

『奇跡御殿』

「逃げる支度しなきゃ。」

「あんたなんかにゃ捕まんないよ!クロパンはあっという間に街から抜け出すさ!」

 

安部さん、山田さん小柄。バブカックぽい。4人ともお顔は似た傾向。 

3枠 大空卓鵬さん、小田春樹さん

 

役者さんが変わるとガラッと印象の変わる3枠。

割とダンス枠かなと思いますが目立つ台詞も多めです。

ジプシーメンバーの中では1番目立つ存在かな。

ノートルダムの鐘』

「大聖堂のアーチの下に現れたその男を恐れていた」

『陽ざしの中へ』

1人目のガーゴイル

銅鑼鳴らす係。「飛んで行きたいって思わない?」

「怪物や悪魔の石像」

『トプシーターヴィー』

赤ベストのジプシー。盗みで捕まる。

カジモドに台の上から投げ飛ばされる。その後鞭打ち男。

『酒場の歌』

下手バルコニー、4枠がソロを歌う横で楽器を弾いている。

エスメラルダ』

ルイ11世の左側にひかえる。
♪狂気に満ちた大騒ぎが街を飲み込んだ〜

 

2幕頭、フィーバスを連れてくるひとり。(もう1人は男8枠)

エスメラルダ、急いで!」

 

大空さん ー小柄。銅鑼を鳴らした時の面白い顔は大空さんオリジナル。

ジプシー役の時は前の出来事を引きずっていたり芝居が細かい。

小田さんーひょろっと細身で少し疲れたようなお顔。

 

4枠 賀山祐介さん、小出敏英さん

 

ジプシーならびに歌重視枠。

アンサンブルの中でも特に浅黒い肌にしているような印象です。

3枠とのジプシーコンビに注目。

ノートルダムの鐘』

「パリの市民は大聖堂に集まった」

『陽ざしの中へ』

「カジモドにとって大聖堂は単なる家ではなく宇宙そのものだった」

『トプシーターヴィー』

ジプシー。エスメラルダを担ぐ1人。

『酒場の歌』

抱いてよ朝まで の冒頭ソロを下手2階で歌う。茶色ベスト。

奇跡御殿でエスメラルダを取り押さえようとする。

 

賀山さんー身長高め。黒髪髭。酒場ソロが絶品。

小出さんー丸顔。安部さんと区別が難しい…

お顔の色がいかにも塗ったんだなぁという感じで少し不自然笑

 

5枠 高舛裕一さん、中橋耕平さん

 

1枠についで目立つと思われる5枠。ほぼソロナンバーの『エジプトへの逃避』があります。

アフロディージアスとその他の時の雰囲気が全く違うので意識しないと同一人物と思わないかも。

がっつり歌枠ですが、リッチマンにはコメディセンスも必須!?

ノートルダムの鐘』

♪みんな今日も働くよノートルダム

♪ある日孤児の兄弟2人引き取られた(1枠とユニゾン

→上手でジェアンのマントを受け取る

♪フロローは位を上げていく誰より早く

『トプシーターヴィー』

♪仕事休んで(1枠とユニゾン)→上手後ろからマントを脱ぎ捨て前方へ

フィーバスに女の子を取られる

ジプシーを捕まえさせたりする青の大きめの帽子をかぶった偉そうな人。

(エスメラルダでも登場)

『God Help』

♪哀れなカジモドすごすごと引き返した

エスメラルダ』

♪でもそこのマダムは何も知らないと

アフロディージアス。

『フィナーレ』

「手すりを乗り越えた!」

 

高舛さんー身長高め。薄顔。偉い人の役作りが絶品。小指に注目。小走りも役がしっかり反映されている。

中橋さんー身長高め。アフロディージアスの首使いが異様に上手。

6枠 平良交一さん、金本和起さん

 

重厚な低音担当のザ・歌枠。

ルイ11世のおふれで美声が響きますが、持っている紙が地味に小さいのをぜひ見てください。笑

フィナーレの6枠ソロを聴くと、ノートルの世界と現実世界が少しずつ混じり合ってくるのを感じます。

ノートルダムの鐘』

ジェアンを追い出すデュパン神父。

『陽ざしの中へ』

「その子は正しい。けしかけるんじゃないよ。」

『トプシーターヴィー』

横柄な態度の男。

みんなで回る振りのとき、カジモドを引き込む。

エスメラルダ』

ルイ11世のおふれを下手2階で歌う。♪国王陛下の命令だ〜

『奇跡御殿』

上手から来る怪我の人。

『石になろう』

カジモドに♪もし石になれたら と詰め寄られて上手で石像ポーズになる。

全体的に低音担当。

『フィナーレ』

♪世界は残酷だ


平良さんー白髪年齢高め。デュパン神父は素晴らしい貫禄。

金本さんー体格良い、顔大きい、薄めのお顔。市民やジプシーの時、とても楽しそう。

7枠 佐藤圭一さん、宇龍真吾さん

 

冒頭から役名ありソロありのキーパーソン、ジェアンを演じる7枠。

見逃しようのない役ですがあっという間に死んでしまうので目に焼き付けてください。笑

オールマイティー美声枠。

ノートルダムの鐘』

ジェアン。(フィナーレでも登場)

『陽ざしの中へ』

「そこには大理石の石像がたくさんあった。」

『トプシーターヴィー』

タンバリンのリズム、リフト要員。

『世界の頂上で』

♪ためらうな

エスメラルダ』

下手から松明を持って登場する警備隊

♪フロローは命令を下した権力を使い

エスメラルダという女を探している。」

『奇跡御殿』

フィーバスのダミー役。

『フィナーレ』

エスメラルダ火あぶりのとき、上手バルコニーでフィーバスを捕らえている。

 

佐藤さんーフロローを軽々持ち上げる、頰がキューピーちゃんみたい。

クロードにキス→「かばってくれるさ!兄さんは僕を愛してるから!」

宇龍さんー死ぬ直前の発作が明確。動きが割とスマート。格好良い。

「かばってくれるさ!」→キス→「兄さんは僕を愛してるから!」

8枠 吉田功太郎さん、八百亮輔さん

 

これまた役者さんで印象が変わりますが、東京ではキャストの誰よりも連投しまくった功太郎さんのイメージが強い。

他の役と比べ、代表的なシーン!というものがないのですが、

クロバットに歌ソロに熱い恋人シーンに笑、求められるものの多い大変な枠だと思います。

ちびソロが多い。

ノートルダムの鐘』

「大聖堂のアーチの下に現れた、その男を恐れていた。」

♪ある日手紙が届く

『陽ざしの中へ』

カジモドのベンチを傾ける1人

『トプシーターヴィー』

ラストで下手からアクロバットでセンターへ

『世界の頂上で』

♪孤独な暮らしは

『酒場の歌』

抱いてよ朝までの前のカップル、ダンスシーン上手側でアクロバットしてる

 

2幕頭、3枠とフィーバスを連れてくる

「フロローと警備隊がじきに戻ってくる」

ノートルダムの鐘rep.』

♪いま火炙りに使う薪が用意された〜

 

吉田さんー細身で小柄。顔立ち濃いめ。アクロバットが凄い。常に高クオリティ。

八百さんー長身で恰幅が良い。アクロバットはどたどた気味。

女性アンサンブル

1枠 小川晃世さん、平木萌子さん

 

ノートルダムの準ヒロインを選ぶなら間違いなく1枠という可愛い枠です←

フロリカもですが、それ以外では唯一明るい髪色なのもあってとても目立つ。

美しいソプラノ枠。最大の見せ場(聴かせ場?)はフィナーレのソプラノソロ。

ノートルダムの鐘』

黒髪ジプシー女フロリカ(カジモドの母)

「お誕生日おめでとうクロード。あなたが欲しがってるのはお見通しよ。目を見れば分かる。ほら、感じる!」

「(ジェアンと)女は出ていった」

 

それ以外のときは明るめの髪色。

『陽ざしの中へ』

フロローが来る前、「カジモド、下に降りて祭りに行ってみたらどう?」

『トプシーターヴィー』

フィーバスに♪お嬢さん聞いて僕の将来は〜と歌いかけられる。

「道化の祭りで人々がこんな真似をしたことはかつてなかった」

『God Help』

♪初めて見る美しさ彼女を満たした

『天国の光』

「カジモド、誰のことを考えたっていいのよ」

『酒場の歌』

抱いてよ朝までの前のカップル。

「暗がりで抱き合う男女の横を通り過ぎると」

 

『エジプトへの逃避』

♪(生まれて初めて)嘘をついた

「どうしたの?怖いの?」

ノートルダムの鐘rep.』

♪物見高い人たちが

『フィナーレ』

ラストの大コーラス下手2階でソロ。フロリカ扮装。

1列になるときは下手2番目。

 

小川さんー可愛い。目がくりっとしてる。ソプラノが美しい。興奮するとセリフが喉に詰まりがち。

ラストのソロ必死にカジモドに歌いかける。悲しそう。

平木さんー可愛い。色白。ラストのソロは微笑んで子守唄のように歌いかける。

 

2枠 大森真理さん、久居史子さん

 

少し厳しめというかシビアな面を担当している枠だと思います。強いお母ちゃん感がある。

台詞の印象が強めですが、歌ソロもちょこちょこあります。

黒髪ロング。

ノートルダムの鐘』

「説教を聞きに来たのだ」

「ああ、聞いてるよ」

赤ん坊を抱いてきてフロローに手渡す。

『陽ざしの中へ』

「その気になればいつでも出られるよ」

『トプシーターヴィー』

クロパンに向けて「準備できたわよ!」

『天国の光』

「何を考えろとか考えるなとか、そんな指図おかしい」

『奇跡御殿』

クロパンが姿を消した後、落ちる布幕に駆け寄る。

『石になろう』
1番初めにマントを脱いで「いいよカジモド好きにしなさい」

『フィナーレ』

鉛が注がれた後、幕の前で逃げ惑う 。

 

3枠 吉田絢香さん、丸山日鶴さん、町島智子さん

 

これまた役者さんで印象は違うものの、強気でひねくれ者な部分がある、女の子よりな女性かな。

ガーゴイル絢香さんが顕著ですが、他に比べて幼めです。

ラストの演出の先駆けとなる重大な役割。

黒髪三つ編み鬘。

ノートルダムの鐘』

♪時には囁いて

『陽ざしの中へ』

「彼はいつもいつかって言うけど、今日とは絶対に言わない!」

『トプシーターヴィー』

♪今日は(楽しもう)

「あら!あたしたちそういう女じゃないの」

カジモドに石?を投げつけ「召し上がれー!」

去り際にカジモドに唾を吐きかけてフィーバスに腕を掴まれる。

『天国の光』

下手でカジモドとやり取り。
(彼女だ!)「あれは違う」

「それに外なら毎晩眺めてるじゃないの」

『奇跡御殿』

初めにクロパンと現れるジプシー女の1人。

「絞首刑だ!」

下手でクロパンと腕を組んで踊る。

墨を顔に施す初めのアンサンブル。

 

吉田さんー素晴らしきキャラの濃さ。民衆のゲスさとガーゴイルの幼さのギャップが激しい。

丸山さんービーバーっぽいお顔。身長は気持ち高め。ラスト墨を塗るときの泣きそうな表情が素敵。

町島さんー歌声が素敵で台詞の声も通る。可愛らしい。

 

4枠 原田真理さん、小島由夏さん

 

他のアンサンブルに比べてはっきりと年齢設定が離れているように思います。

男性6枠と並び、どしっと構えて全体を支えている存在。

明るめ髪色の鬘で1つ結び。

ノートルダムの鐘』

冒頭、「1月6日の朝」

♪一目忍び遠く出かけていく

「フロローはその子に名前をつけた」

『トプシーターヴィー』

「女なら誰でも惚れてしまう、そんな色男」

肉屋さんの彼女?奥さん?

『世界の頂上で』

♪でもこの子は違う

『天国の光』

「彼女のことは考えちゃいけないんでしょう?」

エスメラルダ』

宿屋の女主人。♪怪しい売春宿

『エジプトへの逃避』

「もちろん怖いのよ。当然だわ」

『奇跡御殿』

初めにクロパンと現れるジプシー女の1人。

ノートルダムの鐘rep.』

♪集まり噂をする

『石になろう』

♪どうせ私たち石だものね

『フィナーレ』

♪あなたの心に何かが響いていますように

 

原田さんー貫禄がある。女性アンサンブルを引き締める存在。

小島さんー石像のポーズが綺麗。宿屋の女主人はあまり嫌味っぽくない。

 

 

以上、観劇や思い返しタイムの参考になれば。

追加、間違いなどありましたらそっと教えてください(>人<;)

この作品、アンサンブルさんが分かるとぐっと楽しくなるので

ぜひぜひ注目してみてくださいー♪

 

☆おまけ

ジェアン死亡時のアンサンブル配置。

女2枠はフロローに赤ちゃんカジモドを渡してからこの位置に。

男4枠は正座、男5枠は上を向いてフィーバスにもたれかかっています。

座っているのが男3、4、5枠とフィーバスかな。

f:id:a-syamu:20170611143146p:plain

 

↓関連記事

a-syamu.hatenablog.com

a-syamu.hatenablog.com